2017年05月03日

スマートシニアの「新老人の会」とは?

「新老人の会」とは?
以下https://www.shinrojin.com/よりの転載です。


  ▲日野原重明先生104歳誕生日パーティ

「新老人の会」は財団法人ライフ・プラニング・センターの理事長として「よく生きる」ことを追求してきた日野原重明先生が、シニア世代の新しい生き方を提唱し、この「新老人運動」に賛同する方々の集まりとして、2000年9月に発足しました。

「新老人運動」とは、世界で一番早く長寿国となった日本の高齢者が、世界のモデルとなるべく健やかで生きがいを感じられる生き方をしていただくための具体的な提案活動です。設立当時は、21世紀を目前に急速な人口の高齢化が社会問題化されつつありました。しかし高齢になっても自立して、これまでの人生で培った知恵や経験を社会に還元できる老人はたくさんいらっしゃいます。また、日野原先生はかねてより、半世紀前に国連で定めた「65歳以上を老人」とする捉え方はすでに実態に即しておらず、 老人は75歳以上として、自立して生きる新しい老人の姿を「新老人」と名づけました。
「SmartSenior;新しいことに常に前向きに挑戦する”イキイキはつらつシニア”)」という新しいシニア・ライフスタイルの提案です。
詳しくは
https://www.shinrojin.com/

posted by Kaimei at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

落語家さんの大量記憶術

記憶には三段階ある!落語家さんの大量記憶術

おもしろい動画を見つけましたので
興味のある方はご覧ください。

記憶には三段階ある!

動画リンク・そうぞうせいかつ

ありがとう。
ラベル:記憶術
posted by Kaimei at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

こころの平和

一日に88万回のこころの変化があると
むかしの友達が云っていた。
その人はインド哲学を学んでいて、私は
よく話を聞いていた。
思いすぎず、
考えすぎず、
感情に流されない自分の自然態を創造する。
純心をもって物事を行うとき、
よい作品が出来るのでしょうか。
今わたしは民芸(ひのき)に勤しんでいる。

静寂の瞬間(とき)―ラマナ・マハルシとともに



posted by Kaimei at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

ポジティブ・エネルギー―心・体・魂をすこやかにするの本を読んでみませんか?

こんにちは!本の紹介です。

〜ポジティブ・エネルギー―心・体・魂をすこやかにする〜

霊能者である精神科専門医が語る、人生を活性化する10の処方箋とは?人間関係、仕事、食事、健康法、セックス、創造性…。強く美しく自分らしく生き抜くための、実践的なエネルギー・コントロール術。

ポジティブ・エネルギー―心・体・魂をすこやかにする

著者のジュディス オルロフさんのホームページを
ご参照してください。(英語)
http://www.drjudithorloff.com/

ありがとう。
posted by Kaimei at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

簡単で面白い自己啓発の本

ようこそ

けさのテレビで、

若い女性や中年男性に人気の

自己啓発本が紹介されていた。

「夢をかなえるゾウ」という。

夢をかなえるゾウ

「夢をかなえるゾウ」著者・水野敬也(みずの・けいや) さんの

コメントです。

「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」
世の中にはこんなに多くの成功法則書、
ビジネス書があふれているのに、
成功者が増えたという話は聞いたことがありません。

なぜだろう? ずっと感じていた疑問でした。
そしてこの疑問に対する1つの解答を用意したのが本書です。


主人公は「人生を変えよう」として何かを始めるけど
全部三日坊主に終わってしまうサラリーマン。
しかし、ある日突然、彼の目の前にゾウの姿をした奇妙な生き物が現れます。

「ガネーシャ」という名を持つ、インドからやってきたこの神様は、
主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝るだけ。
たぶん、史上最悪のメンター(師匠)でしょう。

しかし、ガネーシャはこう言います。
今から自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、
お前は確実に成功する――。
成功を願う普通のサラリーマンとぐうたら神様ガネーシャ。
この二人が「成功するためにはどうしたらいいか?」「そもそも成功とは?」

自己啓発書のメインテーマを、
従来とは少し違った形(具体的に言うと、慢才です)で深めていきます。

拙著『ウケる技術』や企画・脚本を担当したDVD『温厚な上司の怒らせ方』でも意識した
「笑えてタメになる」という形式をさらに深めた本に仕上がったと思います。
ぜひ読んでみてください。


テレビでは著者は100冊もの自己啓発本を参考にしたそうです、
また、特に6割が女性読者だそうです。
posted by Kaimei at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする