2014年02月14日

暮らしを考える

よく暮らしを考える
たとえば(暮らしが立つ)ようには、
例えば〜 共稼ぎしてやっと暮らしが立つ〜、
生活できるということか。

また(暮らしを立てる)は、
生活していけるようにするということで。
例えば〜生計を成り立たせる。
家業一本で暮らしを立てる〜ということ。

そしてよく聞かれる(暮らし向き・暮し向き)
はというと、くらしの経済状態。生活のようすなのだ。

いろいろなストーリーが思い浮かび
おもしろい。
暮らしを暗し(くらし)にしないよう、
今日を作ろう、と想う。



posted by Kaimei at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

猫との記憶

私は結構長いことネコと暮らしている、
それほど好きというのではないのですが、。
子供が小さかったときは子供の友達として
飼う事になり、母親と子ネコ(メス)の二匹
との暮らしは長くつづいた。
数年の間をおいてつぎつぎと我家にネコたちは
住み着くことになる。
それぞれのドラマを抱えエサを食べにやってきた。
アンマ、ミカエルは兄弟で兄のアンマは弟想いで賢かった。
その間で迎えるのは常駐する
オスのジェントリーだった。
部屋育ちだったであろう彼はいつか体が大きくなり、
飼い主と車でやって来て、置き去りにされた。
げっそりやせ細った頃
この家の軒下を住処とした。

アンマたちが旅立った後、少ししてジュリアーノは
子猫たちと友達になっていた。3月11日の少し前
ごろ、とても体の小さな母ネコが近くの藪で4匹の
かわいい子を産んでいた。
毎日のように連れ立って軒下の餌場にやってくる。
母ネコの兄弟ネコの
チビタはいつもそれらを見守ってついていた。
母ネコは意外とすぐに姿が見えなくなって、
自身はそこそこに4匹のことで大変だったので亡くなったのかもしれない。
チビタも4匹がしっかりしてきた頃、あえなく亡くなってしまった。
私が飼ってたわけでないのでわからないが、軒下の餌場は賑やかだった。
二年ほど前、その内の一匹が戸口で倒れていたので手当てをした。
かなり衰弱していたので、病院へ行き元気になった。名前をサムソンという。
このサムちゃんが弟のオリェを連れてきたので
一緒に住むことになった。あとの子猫二匹は何処となく行った。
お父さん役のジュリアーノは寛大なネコで私は尊敬している。
またサムちゃんも弟想いで感心だ。
オリェは今でも無垢なネコでみんなの心を和ませている。
三匹の存在は私の暮らしに大きく入っていて、
そんな風に毎日を過ごしている。

posted by Kaimei at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

隣の畑に霜が降り始めて!

朝6時、ふと見る隣の畑に白いものを
発見!やーもう霜の時期かと思った。

先週は桂川の上流から下流に流れる雲を
見ては自然の営みに心を移していたのだ。

二日前からは風が吹き出し、枯葉が目立つように
なっていた。美しい過ぎる枯葉一枚を指先で
撫でていた。

posted by Kaimei at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

文字に慣れたのかな?!

読者の皆様こんにちは!

いままで文章を読む側だった私が、
ブログをはじめて、
文章を作る側にもなってしまった。

今まで以上に文字との付き合いが、
深まり、脳神経が驚いている。
言わせてもらえば、良くなったと思うのです。

ブログの維持に四苦八苦するし、
作文なんて昔のことでした。
でも、誰かが見てくれる!ということで、
それなりに、自然に出来ているのでしょう。

何度も読み返す内に、
何度も書き直す内に、
作文のトラウマ解除の日が
近づいて来るような気がします。

最近、私には100〜200文字
の作文が無理なく、性格に合っていると
判りました。

ではこの辺で!
読んでくれてありがとう。






世界からあなただけの腕時計の逸品をお届けいたします。

MORIDEN-ANNEX
posted by Kaimei at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする