2012年08月13日

オシリスの神・オシリス神のポーズ

osiris.jpg
「オシリスは冥界の神で、ファラオは死ぬとオシリスになると考えられていました。神話では、オシリスの弟セトがオシリスの支配権を奪うため、オシリスを暗殺。遺体を切り刻んでナイル川に棄ててしまいます。オシリスの妹であり妻であるイシスが遺体を集め、魔術を使って復活させます。この時より、オシリスは冥界の支配者となります。「オシリスの審判」では、死んだファラオの心臓が、オシリスの前で善悪を判断する天秤にかけられます。天秤の片側には「マアトの羽根(ダチョウの羽)」が乗せられています。マアトとは真実・正義という意味です。もしこの時天秤が釣り合わないと、ファラオの心臓は、後ろに控えているワニの頭とライオンの胴体、カバの後ろ足を持つアメミトという怪物に食べられてしまいます。肉体に続いて魂も死んでしまう「再死」です。こうなったらもう復活の望みはありません(笑)。結果はアヌビス神に読み上げられ、神々の書記トトにより記録されます。手に持っているのは、ネケクとヘカアと呼ばれるもので、共に王権の象徴です。それらを胸の前で交差させた姿で描かれます。このポーズの事を”と呼んでいて、ファラオのミイラも、同じ格好の人型に入れられます。再生復活を司ると考えられており、顔は植物の色、緑色に塗られています。また、体はミイラと同じく布で巻かれた状態です。」
発信元:http://www.m-matsu.com/egypt/study/gods.html

posted by Kaimei at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古代エジプトの知恵

ネット上のチャネリング情報より
http://www.ambassadorsoflight.net/jp/workshopancientegyptinitiation.html
古代エジプトの知恵とイニシエーション1
ファラオ達のイニシエーション
 


Akhenaton.jpg
イクナートン

「このワークショップは2012年に望む現実を想像するために
古代エジプトの教えを統合することです。
古代エジプトの教えとは全ての人がプレアデスの博愛的なエネルギーとの
つながりを深めるために意図されています。
プレアデスの光はアトランティスの崩壊時から現在に至るまで
毎日ギザのピラミッドに降り注いでいます。
この教えは、自分自身が持つ美しさや力を受け入れ、
古代エジプトでの前世につながりそのエネルギーを統合し、
ムドラと呼ばれる手の動作を行うことによってバランスを整え、
自分の純粋無垢な力を引出し、新しいエネルギーを創りだし、
内外の浄化を行い、誰もが持つ神聖なるハートと黄金の意識によって
バランスを整え、全体性を保つ存在となるためのものです。」

posted by Kaimei at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命の木

“生命の木”

A19_T1.jpg

「鳥の一生を表していると言うのが一番有力な説のようです。 向かって右が幼い鳥で、成長し老いた時に西(死の世界)の方を向くように壁画に描かれていると言うことです。」
情報元:http://miyamatrading.natsu.gs/1.html

posted by Kaimei at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フンころがし

暮らしの話題
古代エジプトに思いを寄せているこのごろです。
検索してみました。

A1_T1フンコロガシ.jpg
「タマオシコガネ(”フンころがし”の方がわかり易いかも・・・)。
古代エジプトでは大事にされていた虫です。 フンを転がしている姿が太陽を支えているようにみえた。といわれ、太陽神と同一視されていました。 」ネットより
http://miyamatrading.natsu.gs/1.html

そうなんですね!虫も注目しています。
いろいろなメッセージを読み取るのも面白いと想います。

posted by Kaimei at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする