2013年07月15日

それぞれの暮らし

こども世代、十代、二十代と人は成長します。
住みなれたふるさと(家)をあとに三十代で
あたらしい家庭に恵まれます。
ある人は生まれたところで一生を幸せに暮らしもします。
最愛の伴侶と四十代、五十代と築き上げる家。
ピークを過ぎ60、70、80代のゆるやかな
黄金時代に入ります。まだ伴侶は健在で、
お互いに「あなたなしの人生はなかった。」と。
90代まだ夫婦は手をつないでいます。
百歳はあらたな人生のスタートになります。
素直に行けば130歳が当たり前のこの世、
なんだ!そうです。
posted by Kaimei at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック